Sustainability Initiativesサステナビリティへの取組み

  1. ホーム
  2. 投資法人の特徴
  3. サステナビリティへの取組み

ステークホルダー・エンゲージメント

本資産運用会社では、顧客・取引先、投資法人の投資主、地域社会、従業員等のステークホルダーとの信頼関係を構築することが重要であるとの認識のもと、下記の経営理念を掲げ、これを実践していくことで、ステークホルダーとの信頼関係を構築し、より質の高い不動産運用を行い、付加価値を高め、社会経済の発展に貢献していきます。

資産運用会社の経営理念

地域社会への取組み

スポンサー会社が運営を行っているホテルを中心に、地域社会への貢献として、地域イベントへの参加・協賛、地域清掃活動等を実施しています。


チャリティーイベント「クリスマストレイン」開催
(ヒルトン小田原リゾート&スパ)

地域イベント「EDO ART EXPO」への参加
(コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション)

従業員への取組み(資産運用会社)

本資産運用会社では、社員それぞれが持つ能力を最大限に発揮できるよう、様々な取組みを行っています。

健康への配慮と働きやすい職場環境作り

従業員の健康に配慮し、働きやすい職場環境作りに努めています。
(例:育児・介護休業、時間短縮勤務・スライド勤務、テレワーク制度、定期健康診断)

人事評価とフィードバック

全従業員を対象としたパフォーマンス評価及びレビューを定期的に実施しています。
定期的な評価とフィードバックにより、従業員のキャリア開発を促し、透明性のある人事評価体制を構築しています。

従業員満足度調査

全従業員を対象とした従業員満足度調査を定期的に実施し、働きがいのある職場環境の提供に向け取り組んでいます。

人権の尊重

性別、年齢、国籍、人種、民族、信条、宗教、社会的身分、身体障害の有無による差別行為及びセクシャル・ハラスメント、パワー・ハラスメント等につながる行為を社内規程により一切禁止しています。

従業員への取組み(森トラスト株式会社)

※本資産運用会社におけるホテルリート運用本部の従業員は、スポンサーである森トラスト株式会社からの出向者で構成されています。

女性活躍・ワークライフバランスの推進

森トラスト株式会社ではダイバーシティの観点から、女性活躍推進、ワークライフバランス推進の取組みを実施しています。

※森トラスト株式会社公表値(①④:2019年度実績、②③:2020年3月末時点)

<外部からの認定>
厚生労働省より「子育てサポート企業」「女性活躍推進企業」として認定されており、「くるみん認定」「えるぼし(二つ星)認定」を取得しています。

健康経営

会社、社員とその家族、健康保険組合が一体となり健康経営に取り組んでいます。
その取り組みが評価され「健康経営優良法人2020」(経済産業省)の認定を受けています。

人財育成

コーポレートスローガン「Create the Future」を実現するために、未来を創造できる人財を育成する様々な取組みを実施しています。

「MT TALK(全社プレゼンテーション)」
森トラストの目指すべき未来像について、各社員が自ら真剣に考え、活発に議論・表現することで、全社的な変革を創出する。

「MT ACADEMY(社員研修)」
階層別研修、グローバル研修、女性キャリアディベロップメント等、新たなビジネス知識・手法に関する勉強会やワークショップを定期的に開催し、相互に刺激しあうことで社員一人ひとりの成長を促す。

「MT MEETUP FUTURE(社内講演会)」
様々な分野で活躍する経営者、研究者など、有識者の講演会を定期的に開催し、事業の枠を超えた、新たな発想を刺激する。

このページの先頭へ